『宇宙キターッ!』『おまえたちの運命は俺が決める』

映画では、贅沢なまでになんと仮面ライダーフォーゼの次作で登場する仮面ライダーウィザードが登場します。仮面ライダーフォーゼと仮面ライダーメテオが12の怪人ホロスコープスとのバトルは、まさにスイッch・リミテットブレイクをフルに使った戦闘です。こんな戦闘はテレビ版ではない映画ならではの贅沢な戦闘シーン。怪人ホロスコープスはコピーとはいえども、レオ・ゾディアーツとサジタイルス・ゾディアーツはさすがに強い!バッサバッサ倒していくものの、ホロスコープスの中でも強いものだけは残ります。そこに登場するのが、新化面ライダーのウィザードがマントを翻しての登場です。

ライダー部の訓練

ライダー部の一行は、オスト・レガシー本部で宇宙飛行士へなるための訓練を重ねていきます。宇宙飛行士へなるための訓練には、運動はもとより、無重力での訓練、機械工学、閉鎖されている環境、加重、格闘術や射的といった幅広い訓練が課されています。もちろんライダー部のメンバーたちは天高学園での選抜試験を経てメンバーになっているため、かなりの部分でも経験済みのことではありますが、それよりももっと過酷でハードな訓練です。当然ながら、宇宙で生き抜くために、高度で本格的な訓練が課されているのでした。もちろんハードな訓練課程であっても、それぞれ持ち前の能力と高いモチベーション、そしてメンバー同士が濃密な時間を共に過ごしているからこそ、ライダー部のメンバー同士の絆は心の支えとなり、厳しい宇宙飛行士へなるための訓練も乗り切っていきます。いよいよ明日になりました。ライダー部は自分たちの力で、地球から飛び立ちます。それは子どもの頃にユウキが予想していた時よりも、少しだけ早い出発となりました。

宇宙へ出る前の戦闘

ライダー部を宇宙へ導くためにエアポートXなる発着場へ行きますが、そこでライダー部が目にしたものは、まさに驚愕したものでした!財団Xとフォーゼたちが戦ったエクソダス・マークⅡ号だからです。エクソダス・マークⅡ号は、財団Xのレム・カンナギなる超銀河王が、大気圏を脱出するための機体と同じ型の機でした。現在オスト・レガシーが運用できるミッション遂行能力のある船はそれだけのようです。いわばライダー部からすると、まぎれもなく因縁の船ではありますが、因縁の船に人類存亡をかけて男たちが乗り込みます。弦太朗を始めとしたライダー部の面々のルックスは、過酷な訓練からか顔立ちもすっかりシャープにそして凛々しく男前に変わっていました。

エクソダス・マークⅡ号が発進するまさに間際のことです。コズミックエナジーの射撃がエクソダス・マークⅡ号を攻撃してきました!誰だ?!インガ・ブリンクか?いやいやインガ・ブリンクではないようです。ゆっくりと横に並んで近づいてくる12人の異形の影に目をやると、それは黄道十二星座の怪人ホロスコープス!!でした。怪人ホロスコープスは、本物ではありません。財団Xの技術で作られたダミー怪人です。このダミー怪人を繰り出すため、そのためにインガ・ブリンクは奪い取ったスイッチを必要としていたのでした。ともあれ、フォーゼとメテオでダミー怪人と戦わなくてはなりません。ライダー部のメンバーをエクソダス・マークⅡ号に乗せてエクソダスへ向かわせ、弦太朗と流星は肩を並べて変身します。

怪人ホロスコープスが、単なるエネルギー体であることは賢吾からの説明で判明します。単なるエネルギー体でコピーとはいっても12人。まさにゾディアーツ最大の脅威を目の前にして、弦太朗と流星はダブル変身!戦いは大バトルとなります。そしてコピーのホロスコープスのうち、4体はライダー部にとっては初めて対峙するホロスコープスとなりました。

12の複製ホロスコープス

  • スコーピオン・ゾディアーツ・・・メテオと対決。オリジナルと同じ様に足技を活かした格闘戦をメテオと繰り広げる。最期は「マーズブレイカー」と「ジュピターハンマー」を立て続けに受けたため、倒された。
  • リブラ・ゾディアーツ・・・メテオと対決。錫杖とディケから放つ光弾や棒戦術による戦いをメテオストームと繰り広げる。最期は「メテオストームパニッシャー」を受けて倒される。
  • ヴァルゴ・ゾディアーツ・・・メテオと対決。オリジナルと同じ様に、杖・ロディアから放つ重力弾や斬撃を武器として、空中からの奇襲戦法を展開。メテオとの戦いには生き残るものの、ウィザードによって倒される。
  • カプリコーン・ゾディアーツ・・・メテオと対決。オリジナルと同じく多弦琴ウルクから放つ五線譜型のエネルギーが武器。最期は「メテオストライク」を受けることで倒された。
  • ピスケス・ゾディアーツ・・・TVシリーズより先行となる登場。メテオと対決。オリジナルが使っていない、未使用のトライデントにまるで魚座のサインを連想させるような金剛杵に似た武器を携帯。メテオとの戦いには生き残るものの、ウィザードによって倒された。
  • アクエリアス・ゾディアーツ・・・フォーゼと対決。ネクタルによる鞭攻撃のほかに、手から水流を放つというオリジナルには無い能力がある。最期は「ライダー爆熱シュート」を受けて倒された。
  • タウラス・ゾディアーツ・・・フォーゼと対決。まるでゴルフのスイングをするようにして杖やグアンナを振るって、さらには光弾を打ち出すというかなりオリジナルには無い技がある。最期は「ライダースタンパーキック」と「ジャイアントフットモジュール」を立て続けに繰り出されてそれによって倒された。
  • レオ・ゾディアーツ・・・フォーゼと対決。オリジナルと同じくクローによる斬撃や高速移動、咆哮弾を武器として戦う。圧倒的な耐久力があるため、あらゆる攻撃や必殺技から耐え抜き、仲間を庇うといった活躍も見せた。最期は「ライダー超銀河フィニッシュ」を受けて倒される。
  • キャンサー・ゾディアーツ・・・フォーゼと対決。とくにすごい活躍をしたわけでもないため、真っ先に倒されるがチェーンアレイ・チェーンソー・ハンマーモジュールによる連続攻撃によって倒された。
  • アリエス・ゾディアーツ・・・フォーゼと対決。オリジナルと同じく杖やコッペリウスから放つ催眠オーラや光弾を武器としている。。最期は「ライダー爆熱シュート」の零距離発射を受けてたことで倒された。
  • ジェミニ・ゾディアーツ・・・フォーゼと対決。フォーゼとの戦いでは、とくにすごい活躍をしてはいない。しかしフォーゼとの戦いには生き残ることに成功するも、ウィザードによって倒された。
  • サジタリウス・ゾディアーツ・・・フォーゼと対決。ネットモジュールで放ったネットを、なんと素手でかわすという活躍。弓やギルガメッシュから放つコズミックエナジーの矢・アポストロスによる攻撃を披露。フォーゼとの戦いで生き残り、フォーゼを追い詰めることまでいくものの、ウィザードが突如現れ、圧倒されてしまい最期はコピーウィザードリングで4人に分身したウィザードの「ストライクウィザード」で他の3体(ヴァルゴ、ジェミニ、ピスケス)と共に倒される。
宇宙イケーーッ!